ポイントについて

取材情報

2018/05/07(月)

祝!南風農菓舎の「ハーブ苑」オープン!

皆さんは日本屈指のハーブの祭典、「全国ハーブサミット」をご存知でしょうか?
記念すべき25回目の開催を迎えた2018年、開催地に選ばれたのが 「鹿屋市」 でした!!

 

今回は、南風農菓舎の開園レポートを振り返りながら、素材へのこだわり、地域活性化にかける熱い想いを紹介していきます。

 

全国ハーブサミットに合わせ、ハーブ苑オープン!

④ テープカット

 

初夏の香りが立ち込める「南風ガーデン」。
取材に伺った2018年、私たちを出迎えてくれたのは倒木で形作られた門と「ハーブサミット」歓迎の横断幕でした。

全国規模のサミットが鹿屋で開催されること、改めて嬉しく思います!

 

② サミット歓迎門

 

「南風ガーデン」は、約15年前から少しずつ植物を手植えして、職員全員で大事に育ててきた大切なハーブ苑。
ゼネラルマネージャー郷原拓東氏は、「日本の南、この美しい大隅から、“本物の食”を世界に発信していきたい。」と語ります。

 

③ 郷原拓東氏

 

日本で一番のハーブガーデンを目指す南風農菓舎では、独自のハーブ「オオスミハッカ」を始め、ローゼル、レモングラス、タイム、ミント、カモミール等々、溢れんばかりに植えられています。

 

⑥ オオスミハッカ

 

陽の光をたくさんに浴びて元気に育った、青々とした葉が印象的です。ガーデン全体にさわやかなハーブの香りが立ち込め、農園の隅々まで、細やかな手入れの様子が伺えます。

 

⑦ レモンタイム

 

⑧ サクランボ

 

隣接する「南風農菓舎(デザートハウス)」では、ガーデンで採れた食材を使った旬のデザートを楽しむことが出来ます。 新鮮な朝摘みハーブと南風農菓舎の人気商品「オオスミ・レーヌ」の相性は抜群です。

 

⑨ デザートプレート

 

「オオスミ・レーヌ・ローゼル」は、「南風ガーデン」のハイビスカス(ローゼル)と木苺をバラの香りでまとめた大人のケーキ。しっとりとしたスポンジに、ローゼルの柔らかい酸味と木苺の優しい甘さが絶妙です。

 

⑩ オオスミレーヌ

最後にふんわり香るバラの演出も、 “ ばらのまち かのや ” にぴったりだなぁと感じます。本当に、ため息が出るほどおいしい逸品!
また、併設されているテラスサロンでは自分の好みのハーブを摘んで「自分だけのハーブティ」を淹れることもできるんです!もちろん、朝摘み新鮮ハーブです!

 

 

⑫ ハーブ摘み

 

レモン系が多めだと、すっきりさわやかで柑橘系の飲み口に・・・!オオスミハッカと相性抜群でした。

 

⑬ ハーブポット1

 

今が旬のカモミールはほんのりと甘く、鼻から抜けるかおりに心も身体も癒されます。
さながら、心地よいお風呂に入ってほっとしている気分・・・

 

⑭ ハーブポット2

 

テラスには、お土産としても持ち帰ることの出来るスイーツ達が販売されております。
もちろん、素材に使われる芋は自社で大事に育てたものを使っています!

 

⑮ カラー芋1

 

⑯ カラー芋2

 

⑰ スイートポテト

 

写真のスイーツは鹿屋市の「ふるさと納税」に掲載中です!↓


988-1 カラー芋・コレクション
989-1 スイートポテト・アラカルト
1341 カラー芋ボンボン 王者のキャラメル 20個入

一度食べたらやみつきになる、人気の返礼品となっております!

 

 


 

◇【南風ガーデン】

公式HP:(http://minami-kaze.com/?mode=f1

◇【かのやハーブフェスティバル 5/19-20】

公式Facebook(https://www.facebook.com/kanoyaherb/

◇【ふるさと納税】

「鹿屋,南風」で検索!(https://www.furusato-tax.jp/city/info/46203