ポイントについて

2021/7/02(金)

令和3年7月28日は、土用の丑の日!

令和3年の土用の丑の日は、7月28日(水)です!夏といえば、パリッと香ばしいうなぎですよね!
今回は、鹿屋市自慢のうなぎと、オススメポイントを紹介していきたいと思います!

 

|ふわふわ!「大隅地区養まん漁業協同組合」の絶品うなぎ

 

◆ココがおいしい!!
大隅地区養まん漁業協同組合のうなぎは、蒸し工程を経て調理されています。身から皮まですべてが「ふわふわ、ほろっ」と柔らかで、脂乗りも抜群です。その柔らかさは、箸に力を入れすぎると崩れてしまうほど!タレは甘めでコク深く、ご飯にぴったりの逸品です !

【おいしいポイント】
・身がふわっふわ
・脂のりバツグン!
・カットタイプや白焼きなど、いろいろな種類がある

★大隅養まん漁業協同組合のおすすめ返礼品はこちらから!!

 

|決め手は備長炭!「鯉家」の香ばし大トロうなぎ

◆ココがおいしい!!
鯉家のうなぎは、なんといっても炭火焼の香りがバツグン!厳選された備長炭とうなぎの脂が絡み合い、唯一無二の味わいを生み出します。ふんわりしているのにしっかり肉厚なのもポイントが高いです。うまみが閉じ込められた肉厚な身と、九州地焼き風の甘いタレでご飯がすすみます!

 

【おいしいポイント】
・香る備長炭
・消費者の嗜好を徹底的にリサーチした良いとこどりの焼き加減
・九州風の甘くてご飯がすすむタレ

★鯉家のおすすめ返礼品はこちらから!!

 

|老舗の味! 秘伝のタレが光る「うなぎの川豊」

 

◆ココがおいしい!!
うなぎの川豊の魅力は、創業当時から受け継がれる秘伝のタレと、目利き職人が選び抜く最高のうなぎです。ぎゅっと締まった身からあふれ出るうまみと、コク深い秘伝のタレが絶妙にからまります。鹿屋市では名店として名をはせる、実力と歴史を感じることができる逸品です。

 

【おいしいポイント】
・老舗ならでは、秘伝のタレ!
・ぎゅっと詰まってジューシーな身
・名店の味をご家庭で味わうことができる

 

★川豊のおすすめ返礼品はこちらから!!

 

|ファン多し!「大隅うなぎ販売」の黒匠うなぎ

 

◆ココがおいしい!!
炭火の香ばしいが食欲をそそり、一度食べると忘れることができないお味。ふっくらしているので満足感もあります。職人が一尾一尾手焼で仕上げる、こだわりの逸品です。ブランド化されていることもあり「毎年『黒匠うなぎ』に決めているの!」という寄附者様も多い実力派です!

【おいしいポイント】
・「黒匠うなぎ」のふっくらした身
・ふんわり香る炭火のかおり
・ふっくら、うまみがぎゅ~っとつまった身

★大隅うなぎ販売のおすすめ返礼品はこちらから!!

|ごはんとの相性抜群!西日本養鰻のふんわりうなぎ

 

◆ココがおいしい!!
丁寧に蒸しあげて余分な脂を落とした、ふっくら仕上げが人気!旨みがしっかりしみ込むタレ付け4回の工程を経て、じっくりふっくら焼き上げられた蒲焼は絶品です。鹿児島県大隅半島の美しい水源で育てられているので、臭みがない点でも喜ばれています!


 

【おいしいポイント】
・臭みの無いふんわりした身質
・4回タレ付けでしっかりした味わい
・カット・刻み・長焼きが一度に味わえる欲張りセットもある!

★西日本養鰻のおすすめ返礼品はこちらから!!

 

|目利きのうなぎ卸売問屋「寺園商店」が贈る、やわらかうなぎ

 

◆ココがおいしい!!
大隅半島は、日本有数のうなぎ産地。数あるうなぎ生産者の中から、寺園商店が自信をもってお勧めする逸品!ふっくらでやわらかく、しっかりした九州の味付けです。1尾ずつ真空パックになってるので、調理しやすいのも高評価!!

 

【おいしいポイント】
・うなぎ問屋が自信をもってオススメ!
・ふわふわやわらかい、しっかり味付けの蒲焼
・調理しやすさ◎

★寺園商店のおすすめ返礼品はこちらから!!

 

|肉厚ジューシー!「財宝」の絶品うなぎ

 

◆ココがおいしい!!
ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」でランキング上位常連の実力派うなぎです。財宝のうなぎは、蒸しがしっかりされていてふんわり柔らか! 餌と水にこだわって育てられたうなぎを使っているので臭みがまったくありません。蒲焼タレは甘くて濃く、お子様にも喜ばれること間違いなし!

【おいしいポイント】
・臭みがなく食べやすい

・ふんわりやわらか
・お子様にも人気の高い、甘くて濃いタレ

★株式会社財宝のおすすめ返礼品はこちらから!!

 

|お好みのうなぎは見つかりましたか?

日本有数のうなぎ産地、鹿屋市。
ふるさと納税を通して、お気に入りのうなぎを見つけていただけたら嬉しいです!!

 

他にも返礼品が盛りだくさん!

 

2021/7/02(金)

ひとつぶの幸せ!旬のブルーベリーはいかが?

豊かな自然の中で、太陽をいっぱい浴びて元気に育ったワダ農園のブルーベリー。
農薬を使わずに育てたブルーベリーを、一粒一粒丁寧に手摘みされています!

 

 

|和田さんの愛情いっぱい!大粒ブルーベリー

和田さんがブルーベリーを作り始めてから、15年。
東京ドーム2個分もある広大な農園に、収穫時期の異なる6品種が栽培されています。
2年目から始めた開園式には、毎年かわいい園児たちが参加してくれる恒例行事として、地域に愛されている農園です。

ブルーベリーの花。白くて可愛らしいですね。



ブルーベリーの選定は、全て手作業でおこなわれています。
形・色・固さを吟味し、熟練の技で仕分けていく様子は圧巻です。
「本当においしいものを届けたい」という、和田さんの想いが詰まっています。

太陽の恵みをいっぱい浴びて育ったワダ農園のブルーベリー。
みなさま是非、ご賞味ください。

 

 

 

|旬の美味しさをぎゅっと凝縮!冷凍ブルーベリー

141-1 冷凍ブルーベリー 1.2kg[400g×3P]

旬の美味しさを瞬間冷凍で閉じ込めた冷凍ブルーベリー。
ヨーグルトやケーキのトッピングとしてはもちろん、ひんやりスムージーやサラダのトッピングにもおススメです!

 

|ごろごろ果実のブルーベリージャム

326-1 ブルーベリージャム800gと椿油120ml

一粒一粒丁寧に手摘みされたブルーベリーを、無添加のジャムに仕上げました。
果肉がゴロッと入りブルーベリーの食感も楽しめます。

ジャムをトーストやヨーグルトなどお好みでお使いください。
※保存料や着色料等の添加物は使用していませんので、開封後はお早目にお召し上がりください

 

 

他にも返礼品が盛りだくさん!

 

2019/3/11(月)

魅惑の生ドレッシング「ラ・エスプリ」が鹿屋市ふるさと納税へ!

 
魅惑の生ドレッシング 「ラ・エスプリ」 が鹿屋市のふるさと納税に仲間入り!
サラダはもちろん、色々な料理にかけるだけでプロの味に大変身!
大活躍の生ドレッシングです。
 
 
今回は「ラ・エスプリ」を始めとする生ドレッシングを取材してまいりました!
一度食べたらやみつきになる、「ラ・エスプリ」の魅力をご覧あれ♪
 
 
 
 

野菜をおいしく食べたい人へ 「ラ・エスプリ」


 
 
「ラ・エスプリ」とは、オーナーシェフの 上甫木孝二氏 が考案した生ドレッシングです。
 
上甫木氏が以前経営していたお店で提供していた逸品で、
 
「一日3時間しか開けないあのお店のドレッシングがほしい!!」
 
というお客様からの要望を受け、商品化となりました。
販売店が限られるため、一時期は「まぼろしの生ドレッシング」とウワサされたこともあったそうです!

 

「ラ・エスプリ」の魅力は、何といっても、「 素材のうまみを最大限に引き出すこと 」 でしょう!

 

和風のドレッシングで、にんにく・玉ねぎ・たかの爪・椎茸など、バランスよく配合されているのですが、

料理にかけた途端、素材のうまみと混じりあって本当に奥深い味わいになるんですよ!

 

写真は、実際に「ラ・エスプリ」をかけて食べたサラダなのですが、一口目よりも二口目、三口目・・・と、箸が進む進む・・・!!!

ベースの醤油がどの野菜とも絶妙にマッチして、ふんわり香るにんにくが食欲をそそるんです!

 

 

お肉料理にも、とっても合います。エスプリだけとは信じられない味わい・・・!

ソースとしても非常に優秀なドレッシングです。

 

 

 

 

鹿屋らしさにこだわる 「バラ色の恋人」


 

見てください、この鮮やかなバラ色・・・! こんなに綺麗なソースをみたことがありますか・・・!?

初めて見たとき、あまりの美しさにため息が漏れたくらいです!

この色合いで無着色なのは本当にすごいですよね。

 

色とネーミングから「ばら味」なの?と思われがちですが、ばらは入っておりません。

たまねぎベースのさっぱりとしたドレッシングで、お魚料理にとても良く合います。

 

この美しいピンク色をどのように出しているかというと・・・、なんと「さつまいも」なんだそうです!

自然のものから作られているので、健康が心配という方にも大好評なんですね。

 

ばらのまち鹿屋市には、ぴったりの1本です!

 

 

ステーキ用に試行錯誤して作られた 「ステーキソース」


 

「ステーキソースは肉の旨味を最大限に引き出すものであるべき」
という信念のもと、時間をかけてたどり着いた味だそうです。その決め手はずばり…ワイン!!

ビーフステーキ・トンテキ・チキンステーキはもちろん、ハンバーグにも合います。
このドレッシングができるまでには、苦節2年の試行錯誤があったといいます。

改良に改良を重ねた軌跡を感じることができる1本です!

 

 

鹿屋市のふるさと納税で、ぜひお試しください♪


鹿屋市のふるさと納税では、「ラ・エスプリ」 「バラ色の恋人」 「ステーキソース」 の3つの味を楽しむことができます!

鹿屋から本当においしい生ドレッシングを届けたいという熱い想いで実現ができました!!

 

一度食べたら忘れられなくなる「ラ・エスプリ」を、この機会にぜひご賞味ください!

お申込はこちらから
1491 ラ・エスプリドレッシング 280ml×7本 口コミで広まった自家製ドレッシング!

1492 ラ・エスプリドレッシング 3種7本セット(自家製ドレッシング・バラ色の恋人・ステーキソース)

 

鹿屋の魅力より多くの人に届けるべく、TwitterInstagramをはじめました☆

こちらもぜひ、ご覧ください!!

2018/12/07(金)

カンパチロウ、鹿屋のために立ち上がる!

 

 

鹿屋のゆるきゃら…いや!キレキャラとして話題沸騰中の「かのやカンパチロウ」

鹿児島県鹿屋市を知名度日本一にするべく、世界新記録へのチャレンジがスタート!!

 

kanpatirou

 

特設サイトを開設したカンパチロウは、世界新記録達成に向けて様々な挑戦をしていきます。

 

 

鹿屋のまちに、不可能なことはない!

かのやなら、かのーや!

 

 

というスローガンのもと、鹿屋の知名度アップをかけて身体を張った頑張りを見せるカンパチロウ・・・

そんな中、鹿屋の「ふるさと納税」でも大人気の あの食材 ” が、日本一の称号を獲得しました!!

 

 

日本一になったのはどんな食材なのか・・・その答えは、是非、みなさんのその目でご確認ください!!

 

 

▼ かのやカンパチロウ をもっと知りたい方はコチラ!

世界新記録挑戦サイト 「かのやなら、かのーや!」

Youtubeチャンネル 「鹿屋市ふるさとPR」

公式Twitter 「かのやカンパチロウ@鹿屋市」

公式インスタグラム 「kanoyakanpatirou」

 

 

▼そして、カンパチロウがオススメする 鹿屋市のふるさと納税 はコチラ!

「ふるさとチョイス」

「ANAのふるさと納税」

「ふるなび」

 

 

 

2018/5/07(月)

祝!南風農菓舎の「ハーブ苑」オープン!

皆さんは日本屈指のハーブの祭典、「全国ハーブサミット」をご存知でしょうか?
記念すべき25回目の開催を迎えた2018年、開催地に選ばれたのが 「鹿屋市」 でした!!

 

今回は、南風農菓舎の開園レポートを振り返りながら、素材へのこだわり、地域活性化にかける熱い想いを紹介していきます。

 

全国ハーブサミットに合わせ、ハーブ苑オープン!

④ テープカット

 

初夏の香りが立ち込める「南風ガーデン」。
取材に伺った2018年、私たちを出迎えてくれたのは倒木で形作られた門と「ハーブサミット」歓迎の横断幕でした。

全国規模のサミットが鹿屋で開催されること、改めて嬉しく思います!

 

② サミット歓迎門

 

「南風ガーデン」は、約15年前から少しずつ植物を手植えして、職員全員で大事に育ててきた大切なハーブ苑。
ゼネラルマネージャー郷原拓東氏は、「日本の南、この美しい大隅から、“本物の食”を世界に発信していきたい。」と語ります。

 

③ 郷原拓東氏

 

日本で一番のハーブガーデンを目指す南風農菓舎では、独自のハーブ「オオスミハッカ」を始め、ローゼル、レモングラス、タイム、ミント、カモミール等々、溢れんばかりに植えられています。

 

⑥ オオスミハッカ

 

陽の光をたくさんに浴びて元気に育った、青々とした葉が印象的です。ガーデン全体にさわやかなハーブの香りが立ち込め、農園の隅々まで、細やかな手入れの様子が伺えます。

 

⑦ レモンタイム

 

⑧ サクランボ

 

隣接する「南風農菓舎(デザートハウス)」では、ガーデンで採れた食材を使った旬のデザートを楽しむことが出来ます。 新鮮な朝摘みハーブと南風農菓舎の人気商品「オオスミ・レーヌ」の相性は抜群です。

 

⑨ デザートプレート

 

「オオスミ・レーヌ・ローゼル」は、「南風ガーデン」のハイビスカス(ローゼル)と木苺をバラの香りでまとめた大人のケーキ。しっとりとしたスポンジに、ローゼルの柔らかい酸味と木苺の優しい甘さが絶妙です。

 

⑩ オオスミレーヌ

最後にふんわり香るバラの演出も、 “ ばらのまち かのや ” にぴったりだなぁと感じます。本当に、ため息が出るほどおいしい逸品!
また、併設されているテラスサロンでは自分の好みのハーブを摘んで「自分だけのハーブティ」を淹れることもできるんです!もちろん、朝摘み新鮮ハーブです!

 

 

⑫ ハーブ摘み

 

レモン系が多めだと、すっきりさわやかで柑橘系の飲み口に・・・!オオスミハッカと相性抜群でした。

 

⑬ ハーブポット1

 

今が旬のカモミールはほんのりと甘く、鼻から抜けるかおりに心も身体も癒されます。
さながら、心地よいお風呂に入ってほっとしている気分・・・

 

⑭ ハーブポット2

 

テラスには、お土産としても持ち帰ることの出来るスイーツ達が販売されております。
もちろん、素材に使われる芋は自社で大事に育てたものを使っています!

 

⑮ カラー芋1

 

⑯ カラー芋2

 

⑰ スイートポテト

 

写真のスイーツは鹿屋市の「ふるさと納税」に掲載中です!↓


988-1 カラー芋・コレクション
989-1 スイートポテト・アラカルト
1341 カラー芋ボンボン 王者のキャラメル 20個入

一度食べたらやみつきになる、人気の返礼品となっております!

 

 


 

◇【南風ガーデン】

公式HP:(http://minami-kaze.com/?mode=f1

◇【かのやハーブフェスティバル 5/19-20】

公式Facebook(https://www.facebook.com/kanoyaherb/

◇【ふるさと納税】

「鹿屋,南風」で検索!(https://www.furusato-tax.jp/city/info/46203

 

 

2018/5/01(火)

「和牛日本一!」の鹿屋に「チーズ工房」がオープン!!

 

和牛日本一!」で一躍有名となった鹿屋市。
そんな鹿屋市に、鹿屋産の牛乳で作るチーズの工房、「kotobuki CHEESE」がNEW OPEN

今回は、鹿屋市の「ふるさと納税」にも返礼品として精肉を出品していただいている「株式会社 寿商会」さんの新店舗、「kotobuki CHEESE」を取材してまいりました!

 

 

「チーズを通して鹿屋を盛り上げたい」 地域への想いkioamidori

kotobukiCHEESE

鹿屋市の交通の拠点、リナシティ鹿屋から鹿屋市役所へ向かう大通りの一角を行くと突如現れる「factory」の文字。
一見すると家具屋のような佇まいのここが、「Kotobuki CHEESE」さんのチーズ工場です。

hire

「ことぶき精肉店」でおなじみの「寿商会」さんは、昭和28年に設立した老舗飼料販売会社です。

餌にこだわった肉はとても上質で、返礼品は軒並み人気!リピーターも多数います。

ふるさとチョイス「ことぶき精肉店」

cow

(提供:「kotobuki CHEESE」)

 チーズの原料たる生乳を提供してくれる牛たちも、もちろんこだわりぬいた自社の餌を食べています。
広大な牧場でのびのびと育てられた牛の牛乳は、それはそれは甘くておいしいんだそうです!

party

5月12日に開催された工場完成披露のレセプションパーティーでも、「kotobuki CHEESE」で作られたチーズや「ことぶき精肉店」のお肉をふんだんに使った料理が振舞われました。
この日の為に福岡からパティシエを招いて作られたチーズスイーツもあり、「kotobuki CHEESE」のオープンが盛大に祝われました!

「日本一」の牛たちを、まるでゆりかごのように守り育てててくれた豊かな自然と地域の方々。
今度は自分たちが中心となり、「チーズ」を通して盛り上げていきたい!という想いで「kotobuki CHEESE」は出来ました。

チーズ協会のプロも大絶賛!料理人の情熱が詰まったチーズ!kioamidori

kageyama

今回の取材で工場を案内してくださったのは、チーズ職人の景山淳平さんです。
景山さんは料理人からの転身で専門の職人になり、チーズ作りを始めて1年になります。

九州の有名なチーズ工房やイタリアで修行し、料理人をする傍らの空いた時間で試作を重ねたそうです。

週に2、3日からの、地道な挑戦。

「ようやくここまで辿り着いた」という言葉には、胸が熱くなる想いでした。

cheese1

そんな景山さんが作るのは、”新鮮であればあるほどおいしい”と言われる「フレッシュチーズ」。
鮮度抜群で一番良い状態のチーズを、隣接するレストラン「TAKE」で味わうことが出来ます。

タイミングが合えば、朝にとれた搾りたての牛乳を加工して、その日の内に食べることも可能なんだそうですよ!

cheese3

(提供:「kotobuki CHEESE」Instagram)

艶やかでもっちもちなモッツァレラ。一切のクセが無く、優しいミルクがふんわり香ります。
「TAKE」で提供されるカプレーゼは、トマトとの相性抜群です!!

cheese4

じわっと甘みの広がるリコッタチーズは、プロの方からも太鼓判を押された自信作!
今秋の「ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト」にも出品予定で、受賞が期待されます!

try

try cheese

現在は5種類のチーズを販売中ですが、新商品の開発にも余念がない景山さん。
ギリシャ風ヨーグルトやバター、生クリームも試作しているとのことです。

上の写真は、「kotobuki CHEESE」にて開発途中の「カマンベールチーズ」。

日持ちがするタイプのチーズで、ゆくゆくは鹿屋市の「ふるさと納税」に追加したいという嬉しいお言葉も・・・!

手に取った人が笑顔になるような心遣いkioamidori

bottle

「kotobuki CHEESE」のこだわりは、チーズの素材や製法だけには止まりません。

個別の包装から隣接するレストラン「TAKE」での料理の提供、広報、工場の外観に至るまで、妥協なく手がけられていると感じます。

container

コンテナを繋ぎ、中をくり抜いて作られた工場はデザイナーの片田 友樹氏が手がけたものです。
洗練されたデザインは工場内部の随所にちりばめられています。

cheese5

思わず手に取りたくなるような色合いやデザインは、お客様からも高評価。
実際に、「ご進物用に包みたい」と買われた方もいらっしゃったとか!
景山さん自身も、手に取った人が笑顔になるようにと想いを込めているそうです。

「ふるさと納税」で鹿屋を知って欲しいkioamidori

wow

(提供:「kotobuki CHEESE」)

「ふるさと納税」の返礼品に登録してからの変化を聞いてみたところ、

「肉の注文が目に見えて増えた。SNSやホームページを見て食べに来てくれたり、県外からの注文も増えたなと感じる」と話してくださった景山さん。

従業員の気持ちの面も変わったんだそうです。

cheese6

「和牛日本一」に輝いた地から新たに発信される、一流の技術と最高の素材から生み出された鹿屋の「kotobuki CHEESE」。

「ふるさと納税」を通してより多くの人にその素晴らしさを知ってもらいたいですよね。

KANOYAcheese

そんな、鹿屋の良さをもっとたくさんの人に知ってほしいという想いを込めた「KANOYA cheese」は、さわやかな後味のクリームチーズです。

”鹿屋”の名前を背負うぞ、という「kotobuki CHEESE」の想いが詰まっています。

色々な食べ方が楽しめて、広く、長く、皆様の食卓に寄り添える逸品です。

allstars

最後に、「kotobuki CHEESE」のチーズに対する想いをうかがいました。

九州の、鹿屋産チーズとして自信を持って世に出せるチーズが出来ました。

変に創作した食べ方というよりも、チーズそのもののおいしさを感じてもらえたら嬉しいです。

食べて”おいしい”と思ってもらえるような、少しでも皆さんの生活を豊かで楽しいものに出来るような、そんなお手伝いができたらなと思っています。

「なるべく早く “ふるさと納税” に追加しますね」 と、にこやかに話してくださった景山さん。

鹿屋市初、「チーズが楽しめる返礼品」登場の日も近いです!!

取材後、「KANOYA cheese」をお土産に買いました!
ハチミツonで食べるのがオススメです♪ 何枚でも食べられそうです!

cheese7

<リンク>

株式会社寿商会

「kotobuki CHEESE」

「kotobuki CHEESE」インスタグラム

「TAKE」

ふるさと納税

 

 

 

 

 

また、鹿屋の魅力より多くの人に届けるべく、TwitterInstagramをはじめました☆

こちらもぜひ、ご覧ください!!